NY金相場の1200ドル台前半での保ち合いは6月まで継続する?

3月には一時1290ドル手前まで上昇し、1300ドルの大台への可能性を感じさせる場面もあったNY金相場は、その後1200ドル台後半では上値が重く、1200ドル前半を中心とした保ち合い状態が続いています。
この結果、週足一目均衡表の遅行線は、雲のなかにスッポリと収まる形での推移が続いています。
NY金相場の1200ドル台前半での保ち合いは6月まで継続する? 2016年4月24日
今後しばらくは、この状態が続くことになるのかもしれません。
つまり、1200ドル台前半を中心としたレンジ相場がもう少し続き、やがて上下どちらかへ主要レンジが切り替わっていく、というシナリオも想定できます。

一目均衡表の遅行線が位置する時点の雲の上限は、現在1238ドルで水平状態。この状態はあと10週間継続し、その後1200ドル割れへと急落します。雲の下限は1200ドルから1210ドル前後での推移がやはり10週間ほど続きます。
遅行線がこの範囲内で推移する状態が続くなら、最長6月後半まで現状水準付近で推移することになります。それ以降も雲の中での推移が続く場合には、大きく水準を切り下げることになり、雲の中から抜け出すことができればレンジ状態延長、もしくは上方向へ。

6月には14-15日に米FOMC、16日には日銀金融政策会合、23日には英国のEU離脱を問う国民投票も行われます。
その前から、EU離脱支持派の拡大とともに市場のリスク警戒感が高まることも想定され、世界経済の動向や金融市場の混乱を警戒するFRBのイエレン議長は6月利上げも見送る可能性も高まります。

また、これまでNY金相場の週足一目の遅行線はロウソク足にぶつかっては下落する流れを繰り返してきました。遅行線がロウソク足を上抜けた現状では、大きな流れが変わり始めている可能性が高く、今度はロウソク足にぶつかった遅行線は上昇する可能性が高まることになります。
そして、ロウソク足も昨年末安値から右肩上がりに引いたサポートラインにぶつかって上方向へ。

そんなシナリオ実現に向けては、まずは次週のFOMCと日銀会合を経ても遅行線が1200ドルを割り込まないことが重要ポイントとなります。

スポンサーリンク


3度めの1000ドル超え失敗でプラチナは調整局面へ(4/17)
金相場の行方を左右するドル・インデックス半年ぶり安値との攻防(4/10)
1000ドルの壁に苦戦続くプラチナ相場(4/3)
にほんブログ村 先物取引ブログ 金投資へ
[PR]
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

注意・お願い事項

本サイト掲載情報については、実績値、予想値等全て保証されるものではないことをご了承ください。
なお、チャート画像、独自予想の算出式、予想結果等の記事内容の転載はご自由に行って頂いて構いません。
但しその際には、必ず引用元(http://augroovy.blog6.fc2.com/)を明記の上、リンク掲載頂きますよう、お願い申し上げます。

ブックマーク & RSS

このエントリーをはてなブックマークに追加


RSSリーダーで購読する

フィードメーター - 本日の金相場プラチナ相場
検索
マーケット情報



楽天
最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
金プラチナ相場の見通し
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
3D球体タグクラウド
プロフィール

AuGroovy

Author:AuGroovy
資源国通貨をこよなく愛する堅実派トレーダー。気になる資源「金・プラチナ」の相場を為替動向を交えて分析します。

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ



ランキングはこちらをクリック!
にほんブログ村 先物取引ブログ 金先物(貴金属先物)へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
210位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
32位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR