今年の上昇トレンド継続か、失速か、NY金は秋の攻防戦へ

今年の上昇トレンド継続か、失速か、NY金は秋季攻防戦へ 2016年9月4日
NY金相場は8月2日高値1374.2ドルから徐々に上値を切り下げる、短期下落トレンドがほぼ1カ月続いています。
中期的には、昨年12月17日(米利上げ翌日)安値1046.8ドルから下値を切り上げる、上昇トレンドが8カ月半ほど継続中。
そして、短期トレンドの上値抵抗線と、中期上昇トレンドの下値サポートラインとで形成する三角保ち合いは、9月20日頃に交差することになります。
雇用統計通過後の9月利上げ観測後退により、この週末にNY金相場は中期サポートライン付近で反発の兆し、しかし、短期レジスタンスラインで上値も押さえられる形となっています。
8月末からはドル高の流れも続いており、NY金相場にとっては上値の重い展開からは、そう簡単には抜け出せない可能性も高いと言わざるをえません。

9月22日、秋分の日の早朝に発表されるFOMCの結果を確認するまでは、流れが大きく変わることはないのかもしれません。
年内利上げの見通しとしては12月の1回のみが多数派、9月の可能性は20%程度の状況にあり、この比率が極端に上昇することがなく、かつ1300ドルを完全に下回ることがなければ、しばらくは横ばい推移以上の展開も予想されそうです。

しかし、9月FOMCで予想どおり現状維持の場合でも、年末に向けての利上げ見通しが高まるようなら、昨年末以来の中期上昇トレンドのサポートライン割れとなり、調整局面継続の可能性も高まりそうです。

その場合に下値をサポートしそうな水準としては、

1)90日移動平均線・・・1303.5ドル、ゆるやかに上昇傾向、既にワンタッチ。
2)心理的節目1300ドル
3)昨年12月3日安値から今年7月6日高値までの23.6%戻しライン・・・1299.1ドル
4)日足・一目均衡表の雲の下限・・・1289.5ドル
5)昨年末から今年高値までの38.2%戻し・・・1250.6ドル
6)200日移動平均線・・・1227ドル、価格現状維持でも20日には1241.3ドルまで上昇

9月安値として有力水準としては、1300ドルから1290ドル付近まで。
予想外の9月利上げなら、1250ドル前後までの調整局面も十分に想定されます。

その場合、昨年12月と同様にFOMC前後の安値が、絶好の買い場となる可能性も高まりそうです。

スポンサーリンク


夏休み最後にドル高、ドル円は年初来のトレンド転換をかけた攻防へ(8/28)
レンジ相場入りのNY金相場、次の動き出しは月末月初?(8/21)
強い上昇トレンドは終了の兆し、金は1300ドル台のレンジ相場へ(8/14)
にほんブログ村 先物取引ブログ 金投資へ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

注意・お願い事項

本サイト掲載情報については、実績値、予想値等全て保証されるものではないことをご了承ください。
なお、チャート画像、独自予想の算出式、予想結果等の記事内容の転載はご自由に行って頂いて構いません。
但しその際には、必ず引用元(http://augroovy.blog6.fc2.com/)を明記の上、リンク掲載頂きますよう、お願い申し上げます。

ブックマーク & RSS

このエントリーをはてなブックマークに追加


RSSリーダーで購読する

フィードメーター - 本日の金相場プラチナ相場
検索
マーケット情報



楽天
最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
金プラチナ相場の見通し
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
3D球体タグクラウド
プロフィール

AuGroovy

Author:AuGroovy
資源国通貨をこよなく愛する堅実派トレーダー。気になる資源「金・プラチナ」の相場を為替動向を交えて分析します。

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ



ランキングはこちらをクリック!
にほんブログ村 先物取引ブログ 金先物(貴金属先物)へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
224位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
29位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR