トランプ相場61.8%戻しと年間平均に到達したNY金、反落か続伸か

トランプ相場61.8%戻しと年間平均に到達したNY金、反落か続伸か
NY金相場は2月初旬に一目均衡表の雲の上限とトランプ相場の50%戻しラインに到達後、しばらく保ち合い状態が続いていました。
しかし、トランプ政策への不透明感や欧州政局リスクへの警戒感、米3月利上げ観測が強まらないことなどを背景に米長期金利が低下、ドルの膠着状態を尻目に金はここに来て急騰局面を形成。
11月9日高値から12月15日安値まで急落局面を形成したトランプ相場の61.8%戻しを達成すると同時に、260日(52週)移動平均線にもワンタッチ。過去1年間の平均水準を回復したことになります。

50%ラインでの揉み合いの前には、38.2%ラインを挟んでの揉み合い状態も続いていました。今回も61.8%ラインをあっさりと上抜けて続伸が続くという展開よりは、いったんはこの近辺で揉み合うような展開となる可能性のほうが高いのかもしれません。

年末以降は一目の転換線にサポートされ続け、ようやく完全な三役好転状態となり、遅行線も雲の上限を上抜ける強気相場の様相も強まる状態とはなっていますが、きりの良い節目水準に到達したこと、雲の上限が今後急激に切り下がること、ピークアウトを示すようなMACDとシグナルラインの揉み合い状態などから、反落警戒感も高まります。

トランプ大統領の議会演説で「驚異的な」税制改革への具体的な方針が示され、米長期金利が反発してドル高再開となるか、3月FOMCで予想外の利上げ、もしくは近いうちの利上げが示唆されるようなら、NY金はいったん調整局面を迎えることになりそうです。
ただし、その場合でも切り下がる雲の上限などではサポートされやすく、1200ドルを大きく下回るような調整とはならないのではないか、とも思われます。

もし、トランプ演説が期待はずれに終わり、3月FOMCでも次回利上げ見通しが不透明なままとなるようなら、トレンドラインを維持して3月後半には1280ドル台から1300ドルの大台到達も十分に想定できそうです。

スポンサーリンク


トランプ相場の全値戻し完了のプラチナ、2月末に急落か急騰か(2/19)
トランプ相場の半値戻し達成のNY金、三役好転で月末1280ドルも(2/12)
週足でも強気転換へと向うNY金、分岐点は4月の仏大統領選?(2/5)
にほんブログ村 先物取引ブログ 金投資へ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

注意・お願い事項

本サイト掲載情報については、実績値、予想値等全て保証されるものではないことをご了承ください。
なお、チャート画像、独自予想の算出式、予想結果等の記事内容の転載はご自由に行って頂いて構いません。
但しその際には、必ず引用元(http://augroovy.blog6.fc2.com/)を明記の上、リンク掲載頂きますよう、お願い申し上げます。

ブックマーク & RSS

このエントリーをはてなブックマークに追加


RSSリーダーで購読する

フィードメーター - 本日の金相場プラチナ相場
検索
マーケット情報



楽天
最新記事
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
金プラチナ相場の見通し
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
3D球体タグクラウド
プロフィール

AuGroovy

Author:AuGroovy
資源国通貨をこよなく愛する堅実派トレーダー。気になる資源「金・プラチナ」の相場を為替動向を交えて分析します。

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ



ランキングはこちらをクリック!
にほんブログ村 先物取引ブログ 金先物(貴金属先物)へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ

  • seo

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
216位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
24位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR