利上げの度に安値を切り上げるNY金相場のアノマリーの持続性

利上げの度に安値を切り上げるNY金相場のアノマリーの持続性
利上げの度に安値を切り上げるNY金相場は、今回もその法則どおりの展開となり、アノマリーとしての説得力は強まりつつあります。しかし、今回の利上げ局面では、自らハードルを上げる結果となってしまったかもしれません。
およそ10年ぶりに再開した米国の利上げフェーズは2015年12月にスタート、1年後の2016年12月に2回め、それから3カ月後の2017年3月に3回目の利上げを行いました。
この間、NY金相場は2015年12月安値1045.4ドル、1年後の2016年12月安値は1124.3ドル、それから3カ月後の2017年3月安値は、今のところ1194.5ドル。
NY金は、利上げ実施月の安値を一度も下回ることなく、利上げの度に安値を切り上げる、ゆるやかな上昇トレンドがここまで続いています。

この3月のFOMCでは、利上げに加えて今後の利上げペース見通し加速も予想されたのに対し、利上げのみという結果にドル売りが急速に進み、NY金は急反発となりました。
結果的に2015年12月安値と2016年12月安値を結ぶサポートラインよりも、かなり上の水準で切り返す形となり、「利上げの度に安値を切り上げる」展開を続けるためのハードルをかなり引き上げることになっています。

これまでも利上げ直前にはそれなりの下落局面を迎えてきたNY金相場は、早ければ6月、遅くとも9月には、今回の利上げフェーズ4回目、2017年2回めの利上げ観測台頭により下落局面を迎える可能性が高まります。
「利上げの度に安値を切り上げる」アノマリーを持続するためには、当然その前に水準を切り上げておく必要があります。
6月利上げを想定した場合には、2016年夏以降の右肩下がりの抵抗線をできる限り早めに上抜けることが必須条件となりそうです。

3月末に1250ドル近辺、4月末には1230ドル近辺へと水準を切り下げる抵抗線を上抜けること事態は、それほど難しいことでもないのかもしれません。
しかし、6月利上げに向けて市場の織り込みが急速に進行するような状況となった場合には、下落余地がそれだけ少なくなることになります。5月中には、できる限り一目均衡の雲の上限前後、1200ドル後半から1300ドル近くまで上昇しておくことが望ましい展開、とも言えます。

5月の連休明け、フランス大統領選終了後に1250ドル以上の水準を維持しているかどうか、が「利上げの度に安値を切り上げる」NY金相場のアノマリー持続に向けたデッドラインとなりそうです。

スポンサーリンク


利上げ毎に安値を切り上げるNY金、3月安値は最大でも1150ドル以上(3/12)
2月末の雲のねじれで急騰・急反落したプラチナの今後(3/5)
トランプ相場61.8%戻しと年間平均に到達したNY金、反落か続伸か(2/26)
にほんブログ村 先物取引ブログ 金投資へ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

注意・お願い事項

本サイト掲載情報については、実績値、予想値等全て保証されるものではないことをご了承ください。
なお、チャート画像、独自予想の算出式、予想結果等の記事内容の転載はご自由に行って頂いて構いません。
但しその際には、必ず引用元(http://augroovy.blog6.fc2.com/)を明記の上、リンク掲載頂きますよう、お願い申し上げます。

ブックマーク & RSS

このエントリーをはてなブックマークに追加


RSSリーダーで購読する

フィードメーター - 本日の金相場プラチナ相場
検索
マーケット情報



楽天
最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
金プラチナ相場の見通し
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
3D球体タグクラウド
プロフィール

AuGroovy

Author:AuGroovy
資源国通貨をこよなく愛する堅実派トレーダー。気になる資源「金・プラチナ」の相場を為替動向を交えて分析します。

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ



ランキングはこちらをクリック!
にほんブログ村 先物取引ブログ 金先物(貴金属先物)へ にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
240位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
36位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR